Nine days good

テレキャスター・ストライプ



_1340429.jpg

_1340331.jpg


音楽はそうでもないんだけど・・・要はエジマハルシくん最高だな!(あとギター)ということが言いたいのれす。

シンクロニシカ



_1340518.jpg
_1340555.jpg
_1340548.jpg



また広告出ちゃいました。すみません。





音楽はそうでもないんだけど、このギターのエジマハルシくんと言う子がですね、若いのにギターが超上手くてアクションがスマートで
こんな王子様みたいな子がいるんだなーとほれぼれしていまして、もう自分の子と言っても良い年齢だろうし若干長男に見えなくもない
ルックスなんだけど、それも含めてなんかすごい心惹かれていますね。というか単純にこんなカッコいい人がいるんだなー・・・と
最近の一番の収穫です。
うちの子たちこういうふうにならないかなあ・・・・・(ボソッ)
まずギターをやらせないとですね。

rooms




_1330689.jpg
_1330703.jpg
_1330738.jpg

_1330807.jpg
_1330825.jpg




また同じだねと言うのは言いがかりをつけたいだけの人で何でもいいから文句を言いたいだけで変な批判。
灰色っぽいのがいいなーと思って作ってるんだからそれでいいじゃない。
この作っている人は灰色が好きなんだ。こういうのが好きで、私もそういうのが好きだから毎回灰色っぽくてかまわない。
赤が欲しければそっちに行けばいいだけの話。「また灰色なんだ」という批判は必要ない。言わなくていい。

コンセプトって言葉を知らないんだろうか。

あと「ちょっとずつ違う」マニアも世の中には多くいるんですよ。


(maisonbookgirlが「また同じ」と批判されているのを見て毎回イラッとするので我慢できなかった。
その批判いる?って)

いつものように、
写真とは関係ない話です。







_1320772.jpg
_1320885.jpg
_1320864.jpg
_1330001.jpg
_1330031.jpg
_1330047.jpg
_1330068.jpg
_1330036.jpg





どうして迷惑かけても笑ってるの




うちの親は迷惑かけたら本気で怒って「早く独り立ちして欲しい」「私たちは一緒にいない方が良い」
と言う人だったのでこの歌のような感じになることはないんだけれど、でも理解(わか)ってしまうのは、
普遍的な「母親という概念」というものが実際の母親とは別に誰にでも存在しているからだと思う。
例えば、次男5歳に、私は「お母さん」と呼ばせて厳しく接しているんだけれども、次男がふとした時に「ママ」
「ねえママ」と呼んでベタベタと甘えて来る時がある。この「ママ」とは決して私のことではなく、概念としての
「母なる存在」で、そういう大きな愛に包まれ安心したい時があるんだと思う。
いつも写真と関係なくてすみません。写真は写真で私の生活とか考えている事とは別なのでこうなります。




またまた関係ない話をしてもいいですか。これは写真と関係のある話です。

※ちょっと聞きたいことがあって書いたんですけどこのブログ見に来る人1週間に2人とかだった。
ので消しました。

インスタもあいかわらずです。けっこういろいろある・・・言えないようなことが。言いたい。
本当に誰かに言いたい。


ラビリンス


絵本ミッケ!っぽくしようとした写真。でもトイストーリーが強くてひきずられた。

_1320699.jpg
_1320686.jpg
_1320714.jpg
P1320574.jpg




FOUND FOUND FOUND はミッケ!をやってるここに貼るべきだった。早まった。
今日はこっち。ラビリンス。ひかりさんの声と動きが魅力的です。
踊れる人は演技をしていても立ち位置が整っていて手先まで神経が行っていて画面の納まりが良いです。