見た映画覚え書き20151227 - Nine days good

見た映画覚え書き20151227

「プリデスティネーション 」2014アメリカ
イーサン・ホーク主演て良質な映画の先入観あります。タイムトラベルもの。
ロバート・A・ハインラインによる「輪廻の蛇」を基にしたSFサスペンス。蛇が自分の尻尾を
もぐもぐもぐ...という画が浮かびますね。サラ・スヌークという女優さんは初めて見ました。
これはきっと最初は何気なく見たほうが途中からネタバレしなくて最後まで面白く見られますね。
ネタバレしてからもう一回見たら、セリフとか掛け合いが巧妙で設定がメチャクチャだなーと半分
呆れながらも面白かったです。あと衣装とか世界観の作り方が素敵でした。




「真夜中の五分前」2014日本中国
日本と中国の合作映画で監督は行定勲、双子の女性がいて、かなり仲が良くて通じ合っていて、そこに
男性が入ると翻弄されてしまうみたいな...入れ替わって楽しんでたりもして、小説の原作らしいけど、
この話今まで15回ぐらい見たことあります。ライティングや画の作り方もデジャブがすごくて何ら
新しいものは無かったです。主演の三浦春馬くんがユニセックスな魅力で、そこだけ良かったです。





「スターウォーズ/フォースの覚醒」2015アメリカ
スターウォーズのエピソード7、ルーカスから手が離れてどうなるかという新作を劇場で見て来ました。
結論から言うとすごく良かったです。また新しい物語が始まったと思います。
主役の女の子レイ、デイジー・リドリーも良かったですよ。かっこ良すぎず、かっこ悪すぎず、カイロ・レンの
アダム・ドライバーが弱いという意見もありましたがナイーブな魅力で今の段階では合っていると思います。
私は肯定します。良かったです。





「オール・チアリーダーズ・ダイ 」2013アメリカ
「ザ・B級」という感じの。チアリーダーたちがアメフト部の最低男たちにゾンビになって復讐するという
☆きらめき☆満載のお話。今って映画の宣伝でゾンビって言っちゃいけないんですよね。
胸くそ悪い男の子たちへの復讐をスカッと楽しむ映画なんでしょうけどまずB級、そしてB級、下手するとC級、
だけどアメリカ映画のすごいところがこの底の高さですね。ちゃんと作ってるんですよね。細かいところも
何も手を抜いていないし一生懸命さ、努力が伝わる。「ちゃんと楽しませるように作っている」それがすごい。
本当に◯本映画も見習って欲しい。






コメント

No title

ブログいつのまにかこんなかんじになったのね。
ナイス!

Re: No title

そうなんすー。今後ともよろしくお願いします!
非公開コメント